工場バイトの面白い体験談

工場バイトでは面白いエピソードがある

工場バイトではいろいろな方が働いていますから、その人の数だけ面白いエピソードがあります。 面白いエピソードとして一番多いのが、職場の人がシフトを間違えてしまい、生産ラインに空白ができてしまったという事です。これは笑い話では済まされないと思われる方も多いですが、幸いなことに代わりにシフトに入ることができる人がいたので、事なきを得ました。またこれ以外にも面白いことはたくさんあり、アルバイト求人を正社員の求人と勘違いして入ってきた人が、説明を受けるうちにようやくアルバイトでの雇用だということを知らされ、意気消沈したという話です。しかしその人はアルバイトでも素晴らしい働きぶりを見せたため、晴れて正社員となることができました。

面白い人がいるからこそ楽しく働ける

工場バイトでは、皆ば皆真面目すぎる勤務態度で働いていると、職場内の空気がピリピリしてしまうので、天然な人や面白い人が職場にいることで、潤滑剤となることがあります。 昔はお笑い芸人希望だった人が工場でアルバイトをしていたのですが、その人は仕事中にもおしゃべりが大好きで、よく皆を楽しませていました。こうした楽しい人物がいるのといないのではかなりの差があり、工場バイトの中には面白い人がいるからこそ働ける職場というのがあります。もちろんメリハリなくだらだらと楽しみながら働くのは良くはありませんが、力を抜くところはぬいて、徹底的にやるところは真面目にやるとげるというのが基本的な工場バイトの働き方なのです。

© Copyright Interview Questions. All Rights Reserved.