経験者が教える工場バイトの心得

流れ作業についていけなくても焦らない

初めて工場で勤務をするにあたり、自分が工場内での仕事に対応できるか心配になって緊張するという人もいるでしょう。確かに、最初は面食らったり、不慣れな部分も出てくるかもしれませんが、時間が経てば必ず慣れます。 たとえば、工場で流れ作業に従事することになった場合、最初に苦労するのが流れについていけないことです。前からはどんどん組み立て途中の機械が流れてくるのに、自分のところで時間がかかりすぎてしまい、後ろにはまったく流せないということがあります。当然、こういったケースではプレッシャーを感じてしまい、自信を喪失してしまうこともありますが、一週間も経てばだいたい対応できます。なので、まずは作業が遅くても正確にこなすことを心がけるといいでしょう。

昼型の生活に慣れて夜更かししないこと

また、工場で働く前に不規則な生活を送っていた場合、しばらくはしんどい思いをするかもしれません。というのは、工場の仕事は非常にスケジュールがタイトだからです。始業時間も比較的早いことが多いので、夜型の生活に慣れていると、仕事中に眠くなってきて大変です。なので、工場で働き始めたら生活を昼型のリズムに一本化し、夜更かしはやめるようにしましょう。 それと、工場の仕事はバイトであっても従業員が全員同じ時間に出金するのが一般的なので、サービス業のように、自分が休みたいのでほかの人に頼んでシフトを変わってもらうということが難しいです。なので、風邪などをひいて仕事を休むことがないよう、健康には注意しないといけません。

© Copyright Interview Questions. All Rights Reserved.